ロゴ

会社案内
所在地/お問い合わせ先
通信販売法に基づく表記
食の安全〜品質管理〜
三陸鮮彩便
吟粒生かき
活あさり
活しじみ
ほや

トレーサビリティ システム
 
宮城県石巻市 新鮮な三陸の海の幸 かき あさり しじみ ほや おいしさ直送いたします
ご連絡先

取扱商品

かき
鮮彩便〜かき

殻付かき
10月〜3月の期間限定



●三陸の海は冬の寒さがきびしく、波も荒く、その自然の中でじっくりともまれ育った特急品の「かき」だけを長年の漁師の眼力で厳選。

かきは完全栄養食品と言われており、熱エネルギーのもとグリコーゲンがたっぷりカルシウム・ビタミンA、B、C、タウリン等、まんべんなく含まれております。

かきの醍醐味をご堪能ください。

 
商品名
規格
@生かき(ロケット)
500g
A生かき(化粧箱)
1kg
B殻付かき
5ケ

*商品の金額はその時期の状況により変動いたします。ご購入前にお問い合わせ下さい
御注文書ダウンロードショッピングカートへ

かき(牡蠣)の栄養素(食材100g当り)

・鉄分 3.6mg
・カルシウム 55mg
・ビタミンB1 0.16mg
・ビタミンB12 38.9μg

かき(牡蠣)の健康効果

「海のミルク」といわれるかき(牡蠣)は、海の幸を凝縮させた栄養豊かな食品です。

一般の貝類がそうであるように、かきにもアミノ酸の一種タウリンが多く含まれており、タウリンには、血圧や血中のコレステロール値を下げる効果があり、高血圧症や、動脈硬化の防止に役立ちます。

また、かきの栄養成分でよく知られる鉄は、女性に多い鉄欠乏性貧血の予防に効果があり、ほかにもカルシウム、銅、亜鉛などのミネラル類を多く含み、ビタミンA・B1・B2・B12などのビタミン類も豊富に含まれている。

ヨーロッパではかきは、単に美味しいというだけでなく、スタミナ増強の食品として古くから利用されており、動脈硬化・肝臓病・心臓病などの生活習慣病(成人病)、神経過敏症、精力減退に効果的に働く作用がある。またかきは、視力回復にも役立つと言われています。

かきの摂り方としては、新鮮なかきなら生食で、そのほか、かき飯・鍋ものなどオススメですね



あさり・しじみ


●旬の産地で朝掘りした新鮮で、身入り・脂ののりもよく、コクのある養分が豊富な、しじみ、あさりです。しじみは生きる「肝臓薬」として重宝がられており、江戸時代のころから「しじみよく黄疸を治し、酔いを解す」と言われてきました。
毎日の健康においしくお召し上がりください。

*あさりは、砂抜き処理をしてありますが、貝の表面についた砂などを取る為、水に浸してよくもみ洗いして召し上がって下さい。
*しじみは、砂抜き処理をしておりませんので、水道水に3時間位浸して、砂抜きをしてからお召し上がり下さい。

商品名
規格
@活あさり
1kg
A活しじみ
1kg

*商品の金額はその時期の状況により変動いたします。ご購入前にお問い合わせ下さい

御注文書ダウンロードショッピングカートへ
鮮彩便〜あさり・しじみ

しじみは6月〜10月の期間限定です。

■あさりの栄養素(食材100g当たり)・・・・・・・・・・・・・・・・

・鉄分 7.0mg
・ビタミンB12 52.4μg
・カルシウム 80mg
・カリウム 140mg
・亜鉛 1.0mg

■あさりの健康効果・・・・・・・・・・・・・・・・

あさりのタンパク質は、魚肉の半量程度しかなく脂質量も低いことから、一般的には栄養価は低いように見られがちです。 
しかし、あさりには貧血と関係の深い鉄分・ビタミンB12が豊富に含まれ、貧血気味の人や低血圧の人、妊産婦には最適な食材と言える。

あさりは佃煮だと鉄分の量が生より3倍以上に増し100g中25mgにもなる。
その他あさりにはカルシウム・カリウム・亜鉛・銅・クロムなどのミネラル、ビタミン、タウリンなどが多く含まれています。

近年注目されているアミノ酸の一種であるタウリンには、血圧を正常に保つ働きの他、心臓強化、貧血の予防、血中コレステロールを減少させ血液をサラサラにする、肝臓機能の促進、アルコール障害の改善、糖尿病の防止など多くの効用が認められている。
また、神経伝達物質の働きを調節し、中でも網膜に多量に含まれ網膜神経組織の発育・安定化に重要な役割を果たします。


しじみの栄養素(食材100g当り)・・・・・・・・・・・・・・・・

・カルシウム 130mg
・鉄分 5.3mg
・ビタミンB2 0.03mg
・ビタミンB12 62.4μg

しじみの健康効果・・・・・・・・・・・・・・・・

みそ汁の具として人気の高いしじみは、昔から『生きた肝臓薬』といわれるほど肝機能を修復・活性化する栄養分を豊富に含みます。しじみが持つ効果と栄養素は、 胆汁の排泄を促し肝臓の解毒作用を活性化させるタウリン、発育のビタミンといわれるビタミンB2、赤いビタミンと呼ばれ造血に欠かすことのできない、肩こ り・腰痛の緩和にも役立つビタミンB12、鉄分を豊富に持つため、肝機能障害、貧血の予防にも効果有。

また、味覚障害の予防効果がある亜鉛、ストレスを抑え、骨や歯の発育に必要なカルシウムも豊富だ。さらに、しじみの身に含まれるたんぱく質、レクチンなどが作用し、肌や喉の強化、免疫力の強化など体の中に入ってこようとする悪い菌を防ぐ作用もある。

これらしじみに含まれる栄養素は、残しがちな身に半分以上残っているので、みそ汁のだしとしてだけでなく、身もしっかり食べることがオススメです。



ほや
鮮彩便〜かき



● 南三陸の特産品、海のパイナップル「ほや」。
自然の恵みをいっぱいに吸収し、元気に育った上質のほやを厳選。
肉厚で柔らかく、甘み・香りが旨い!
最高級のほやの逸品です。
ほやは昔から「保夜」と言われるように強精滋養食品として重宝されております。漁りたての新鮮な風味をごゆっくりとお楽しみください。


商品名
規格
金額
@刺身ほや(ロケットタイプ)
250g
¥400
A礒の宴・ほやのしそ風味仕込み
200g
¥500
B礒の宴・ほやの塩辛
200g
¥500
C礒の宴・ほやの塩辛明太子風味
200g
¥500

御注文書ダウンロードショッピングカートへ

ほや の栄養素(食材100gあたり)

海蛸(100g中)-ほや・ホヤ-
熱量(カロリー) 30kcal
タンパク質 5g ビタミンD 0μg
脂質 0.8g ビタミンE 1.2mg
炭水化物 0.8g ビタミンK 0μg
βカロテン 0μg 亜鉛 5.3mg
レチノール 微量 カリウム 570mg
ビタミンB1 0.01mg カルシウム 32mg
ビタミンB2 0.13mg 5.7mg
ナイアシン 0.5mg 0.19mg
パントテン酸 0.33mg マグネシウム 41mg
ビタミンB6 0.02mg マンガン -
葉酸 32μg リン 55mg
ビタミンB12 3.8μg 食物繊維 0g
ビタミンC 3mg コレステロール 33mg

日本では主にマボヤとアカボヤが食用にされている。古くからホヤの食用が広く行なわれ多く流通するのは主に東北地方沿岸部であり、北海道でもかなり一般的に食用・流通がある。多いのはマボヤであり、アカボヤの食用・流通は北海道などであるが少ない。

■ほやの健康効果・・・・・・・・・・・・・・・・

カルシウム、ビタミンCが多く含まれており、貧血などの欠乏症を防ぐ鉄が1日必要摂取量の3分の1も含まれています。
その他にも、様々な病気の原因となる活性酸素の生成を防ぐ最強の抗酸化ミネラル“セレニウム” を含む数少ない食品で、グリコーゲン、タウリンなどの有用成分も豊富に含んでいます。





Copyright takahashi syouten Co.,Ltd.All Rights Reserved.